大学に進学して一人暮らしを始める子どもを持つ親のためのサイト

大学生の一人暮らしスタートNAVI

お金のこと

大学受験の受験料

更新日:

お金の計算

子どもが高校3年生になり大学受験を意識し始めると、親としては子どもの志望校合格もそうですが、お金のことも気になり始めます。

「入学金や授業料、全部でいくらかかるんだろう?」

最初のうちは、大学の入学金や授業料といった大きなお金に目が行きがちで、受験料はあまり意識しないかもしれません。

確かに受験料は、1校だけ見れば、入学金や授業料と比べると額は小さいです。

しかし、複数の大学を受験すると、受験にかかる費用もバカにならない金額になります。

ここでは、受験シーズンになって慌てないで済むように、大学受験にかかる費用について説明します。

大学出願の前に願書の取り寄せから

大学受験は願書を取り寄せるところから始まります。

そう言えば、昔は大きな書店で売っていた大学の願書を買いましたね。

今は様変わりしていて、こんな写真のような冊子が高校で配布されて、子どもがもらってきていました。

願書取寄

発行会社のサイトによれば、願書請求カタログは105万部、願書請求インデックスは40万部の配布だそうです。

願書の取り寄せは、この会社が運営するテレメールというサイトにアクセスし、資料請求すれば2~3日で届く仕組みになっています。

便利ですね。

願書の取り寄せ費用ですが、国立大学の場合で200~300円程度、つまり送料程度の費用が必要です。

また、国立大学は、大学まで直接願書を取りに行けば無料で受け取ることができます。

私立大学の場合は、願書の取り寄せは無料としているところが多いです。
しかし、中には有料の大学もあり、有料の場合は1000~1500円程度必要です。

また、私立大学の中には早稲田大学のように、出願はインターネットのみで紙の願書を配布していないところもあります。
このような大学の場合、募集要項も大学のホームページで確認することになります。

大学の受験料

さて、本題の受験料です。

国立大学の受験料

国立大学の受験料は、センター試験の受験料と、各大学の二次試験の受験料とになります。

国立大学の受験料の内訳は次のとおりです。

  • センター試験 18,000円
  • 二次試験   17,000円

国立大学の二次試験は前期と後期がありますが、前期と後期の出願時期は同じなので、一度に前後期の二次試験の出願をしないといけません。

そのため国立大学を受験するときは、センター試験の受験料と二次試験前後期の受験料を合わせて、52,000円かかります。

私立大学の受験料

私立大学の受験料は、1校あたり平均すると35,000円程度となります。

国立大学と比較すると一見高いようにも思えますが、国立大学の「センター試験+二次試験」の受験料と同額のため、私立大学の受験料が特に高いわけではありません。

また、センター利用入試の場合は、受験料が18,000~20,000円程度で、一般入試より安くなっています。

私立医学部は高めの設定

ただし、例外として私立大学の医学系の場合、受験料は60,000円程度で割高に設定されています。

国立大学の医学部を志望していながら、受験(特に面接)の練習のために私立大学を試しに受けてみようとすると、思わぬ出費になりかねません。

大学の受験料をシミュレーション

では、大学の受験にいくらかかるのかシミュレーションしてみましょう。

国立大学志望の場合

国立大学志望者で、国立大学に前後期とも出願し、私立大学を一般入試で3校、すべり止めにセンター利用2校出願する場合の受験料は次のようになります。

  • センター試験受験 18,000円
  • 国立大学前後期(2校) 34,000円
  • 私立大学一般入試(3校) 105,000円
  • 私立大学センター利用(2校) 36,000円

以上を合計すると、193,000円です。

受験料だけでおよそ20万円。

私立大学志望の場合

私立大学志望者で、チャレンジ校1校、実力相応校に3校、すべり止めにセンター利用2校出願する場合の受験料は次のようになります。

  • センター試験受験 18,000円
  • 私立大学一般入試(4校) 140,000円
  • 私立大学センター利用(2校) 36,000円

以上を合計すると、194,000円です。

ここでも20万円近くの受験料がかかります。

まとめ

大学の受験料、何校受験するかによってかなり変わってきますが、20万円程度の費用は考えておいた方が良さそうです。

いざ出願シーズンが始まって慌てることがないように、事前に用意しておかないといけませんね。

それにしても、思ったよりかかりますね。

大学受験

スケジュール

大学受験のスケジュール

私たち親世代が受験した頃と比べると受験方式も変わっているため、年が明けたらセンター試験があって、2月に入ると私立大学の入試、それから国立大学の入試と続き・・・と何となくイメージはできても、詳しいことま ...

マークシート

国立大学受験の仕組み

国立大学の受験は、私たち親世代が受験した頃は、共通一次試験を受けて、その後国立大学の二次試験を受験していました。国立大学の受験は、原則1校だけでした。 それが共通一次試験はセンター試験になり、二次試験 ...

試験

私立大学受験の仕組み

子どもが大学受験する年齢になり私立大学の受験を調べていると、 「なにこれ???」 今の私立大学受験の仕組みをここで説明します。 私立大学は同じ学部を何回も受験できる 私たち親世代が大学受験をしたのは、 ...

お金のこと

お金の計算

大学受験の受験料

子どもが高校3年生になり大学受験を意識し始めると、親としては子どもの志望校合格もそうですが、お金のことも気になり始めます。 「入学金や授業料、全部でいくらかかるんだろう?」 最初のうちは、大学の入学金 ...

大学の学費/国立大学と私立大学

子どもが大学を受験する年頃になると、まず最初に気になるのが大学の学費(授業料)かもしれませんね。 この大学の学費は、私たち親世代のころと比べると、かなり高くなっています。 親としては大変ですが、受験前 ...

計算

国立大学の授業料免除制度の所得基準

国立大学の授業料 国立大学の授業料は、今は年間53万5800円です。 私が大学生の頃は私立大学文系の授業料でも、今の国立大学の授業料より安かったような気がします。 文部科学省のサイトに国立大学と私立大 ...

一人暮らし

アパートの部屋

大学入学後の部屋探しを始める時期

大学合格後に一人暮らしで住む部屋探しは、いつから始めればいいの? 子どもが自宅から通えない遠方の大学を志望すると、進学後に住む部屋のことも気になります。 合格発表後でも大学生協や大学近くの不動産屋さん ...

出費が痛い

一人暮らしを始めるのにかかる初期費用

本人にとっては夢にまで見た大学生活で一人暮らしですが、一人暮らしを始めるための費用を用意しなければいけない親にとっては結構な負担となります。 受験料、入学金とまとまったお金が動いた後に続くのは、一人暮 ...

生活用品

大学生が一人暮らしに必要なものリスト

大学に合格し住むところが決まると、次は生活に必要なものを揃えないといけません。 生活に必要なものを全部を一度に揃えようとしても、買い忘れるものもが出てくるかもしれませんね。 ですが、一度に全て完璧に揃 ...

-お金のこと

Copyright© 大学生の一人暮らしスタートNAVI , 2018 All Rights Reserved.