大学に進学して一人暮らしを始める子どもを持つ親のためのサイト

大学生の一人暮らしスタートNAVI

wifi

一人暮らし

一人暮らしの大学生のインターネット回線

更新日:

大学生になると、インターネット回線は必須です。

受験生のお母さん
スマートフォンやタブレットでもインターネットができるから、それで十分なんじゃないかしら?
大学生のお父さん
確かにスマートフォンやタブレットでもインターネットには繋がります。ですが、大学生になるとパソコンをインターネットに繫いで課題をしたり提出したりすることもあるので、パソコンをインターネットに繋げる環境が必要になります。ですから、インターネット回線は必要なんです。

最近では「インターネット使い放題」のアパートやマンションもあるので、一人暮らしを始めるときにインターネット使い放題のところに入居すればインターネット回線の心配はありません。

しかし、入居するところがインターネット使い放題ではない場合、インターネット回線を自分で用意しなければなりません。

そんな一人暮らしを始める大学生におすすめのインターネット回線は、モバイルwifルーターです。
そして、モバイルwifiの業者はいくつかありますが、中でもオススメなのはWiMAXです。

大学生のお父さん
この記事では、我が家の経験を含めてモバイルwifiが一人暮らしの大学生のインターネット回線としてオススメの理由を説明して、いくつかあるモバイルwifiの業者の中から料金最安値のオススメの業者を紹介します。

モバイルwifiは携帯できるインターネット回線

モバイルwifiとは、携帯して持ち運べるインターネット回線です。
電話に固定電話と携帯電話があるように、インターネット回線にも固定のインターネット回線(光回線やCATVなど)と携帯のインターネット回線(モバイルwifi)があります。

固定のインターネット回線を引くと、家の中にモデムという機械をを設置してインターネットに繋ぎます。
一方、モバイルwifiの場合は、ポケットに入る程のサイズのルーターという機械でインターネットに繫ぐことができます。

一人暮らしの大学生は、学校やサークル、アルバイトなどで家にいないことが多いので、固定のインターネット回線を引いていても使っていない時間の方が多くなります。
そのため、一人暮らしの大学生には固定のインターネット回線は無駄が多いと言えます。

これに対して、モバイルwifiルーターは簡単に持ち運べるので、ルーターを携帯しておけば、どこでもインターネットに繫ぐことができます。
そのため、一人暮らしの大学生でも無駄がありません。

大学生のお父さん
モバイルwifiルーターを常に携帯してスマートフォンを常に繫いでおくことで、スマートフォンのデータ通信量を減らすことができ、結果としてスマートフォンの通信費を下げられるメリットもあるんですよ。

モバイルwifiのメリットとデメリット

一人暮らしの大学生のインターネット回線としておすすめのモバイルwifiですが、固定の回線と比べてメリット・デメリットがあるので、ここでそれを確認しておきます。

モバイルwifiのデメリット

まずはモバイルwifiのデメリット。
モバイルwifiのデメリットは次の2つです。

モバイルwifiのデメリット

  • 電波状態によっては使えない
  • 通信制限がある

電波状態によっては使えない

モバイルwifiは、電波でインターネットに接続するので、圏外になっていたり電波状態が悪かったりすると使えません。

ただし、大学があるような都市はサービスエリアとしてほぼカバーされているので、それほど心配は要らないでしょう。

また、WiMAXでは申込み前にピンポイントで住所から電波状態を判断することもできます。

試しに、東京大学の駒場キャンパスの住所をピンポイントで判定してみましょう。

東大駒場キャンパスはWiMAXの電波が通じます。

しかし、注意書きにあるように、判定では「○」でも、建物周辺の地形や建物の形状によっては通信しにくかったり、圏外になる場合があるかもしれません。

契約しても使えなかったら困りますよね。
契約してみたものの圏外になって使えなかったとしても、解約するには解約料がかかってしまうのが普通です。

でも、安心してください、

事前のピンポイントエリア判定で上記画像のように「○」になっているのに、圏外で使えなかったときは、20日以内でしたら無料でキャンセルできる業者もあるんです。

大学生のお父さん
電波が繋がるかどうかが心配な場合は、繋がらなかったときに無料でキャンセルできる業者を使えば安心ですね。
この業者は後で紹介します。

通信制限がある

モバイルwifiの最大のデメリットと言えるのが、「通信制限」があることでしょう。

安いプランだと月間7GBまでは通常の速度で使えますが、それを超えると通信速度が128kbpsになってしまいます。
128kbpsは今の携帯電話のスピードよりずっと遅く、昔のISDN回線のスピードと同じです。
ハッキリ言って、使い物にならないスピードですね。

ここまで遅くなると、大学生が家で調べごとをしたり課題を提出したりするのにも支障が出そうです。

ですが、WiMAXのギガ放題プランにすることで、通信速度制限は「ほぼ」回避できます。

「ほぼ」というのは、WiMAXのギガ放題でも一応通信速度制限があるからです。

WiMAXのギガ放題の制限は、3日で10GB使うと、その翌日ネットワークが混雑する18時頃から翌2時頃まで通信速度が1Mbpsに制限されます。
3日で10GBも使うことは滅多にないと思いますし、また仮に通信制限にかかっても、この1Mbpsの速度はYouTubeが普通に視聴できるスピードなので、それ程気になる遅さではないでしょう。

つまり、WiMAXのギガ放題にしておけば、通信制限をほとんど気にしなくても使えます。

モバイルwifiのメリット

次にモバイルwifiのメリットを説明しましょう。

モバイルwifiのメリット

  • 工事不要でwifi端末が届けばすぐに使える
  • WiMAXは高速で通信できる
  • スマホの料金を下げられる

工事不要でwifi端末が届けばすぐに使える

モバイルwifiは回線工事不要で、端末が届いたその日からすぐに使うことができます。

WiMAXの業者の中には、インターネットから申込みをすると、即日端末を発送してくれる業者もあります。
そこまで早くなくても、おおむね数日以内には端末が届きます。

モバイルwifiであれば、春の引っ越しシーズンでも、すぐにインターネットを使い始めることができます。

これに対して、固定のインターネットの回線を引くには工事が必要で、工事の期日には家にいないといけません。
また、春の引越しシーズンは工事が混み合っていて、工事期日がかなり先になることもあり、引っ越しをしてからもしばらくはインターネットが使えない可能性もあります。

ウチの子どものときは、引っ越し前にWiMAXを契約して端末が届いていたので、引越しの日にはインターネットが使える環境にありました。
ですが、同じアパートに入居した同級生はインターネットの工事がずっと先になってしまい、レポートをするために子どもの部屋に来てインターネットを使っていたそうです。

受験生
モバイルwifiはすぐに使えるのもメリットですが、工事のために知らない人を家に入れないですむのもメリットですね。女の子には安心です。

WiMAXであれば高速通信が可能

WiMAXは、最大で440Mbpsで高速通信ができます。
もっともこれは理論上の最大値で、実際は10〜40Mbpsのようです。

しかし、10Mbpsあれば、YouTubeなどの動画サイトでもストレス無く見ることができるので、全く問題のない通信速度と言えるでしょう。

WiMAXを使っている子どもによれば、「通信速度や安定性は全く気にならない。」とのこと。
家で使っている固定の光回線と比べてもそんなに問題ないようです。

もっとも、通信速度制限にかかってしまうと使い物にならなくなってしまうので、それを避けるために通信制限のないWiMAXのギガ放題のプランにしておくのが無難です。

スマホの料金を下げられる

モバイルwifiルーターは、どこにでも持って行けるというメリットもあります。

モバイルwifiの端末を常に携帯して、スマートフォンをwifiルーターに繋ぎっぱなしにしておけば、スマートフォンから携帯電話回線を使ったデータ通信はしないで済みます。

つまり、スマホの料金プランで、データ通信は最小のものにしておけば良いので、スマホの料金を下げることができます。

WiMAXのギガ放題プランを契約しておくと、どれだけ通信で使っても制限はないので、外でスマホをつないでもデーター量を気にすることなく使えます。

おすすめのモバイルwifiはWiMAX

モバイルwifiを選ぶとき、WiMAXとY!mobileの二択なのですが、Y!mobileはおすすめできないので実質WiMAXの一択です。

Y!mobileがおすすめできない理由

Y!mobileは、積極的にテレビCMをしていて好感度が高いかもしれません。
しかし、Y!mobileのポケットwifiはおすすめできません。

その理由は、

Y!mobileの普通のプランでは通信速度制限があり、一定の通信料を使ってしまうと、128Kbps という昔のISDN並みの通信速度になってしまい、全く使い物になりません。

最近では、通信制限のないプランも提供されていますが、利用できるエリアが限定されていてどこでも利用できるわけではありません。
また、通信制限のないプランでは、月額料金が高くなり、WiMAXと比べると見劣りします。

さらに、WiMAXは契約期間が2年なのに対して、Y!mobileは契約期間が3年となっています。
通信の世界も日進月歩であるのに、3年も一つの契約に縛られたくはないですよね。

このように、WiMAXと比べてY!mobileを選ぶ理由はありません。

WiMAXのおすすめ事業者

ところで、WiMAXを提供している事業者も多数あり、月額利用料が事業者によって異なるうえに、キャッシュバックの額や条件もさまざまで、どの業者を選べば良いのか迷うところです。

大学生のお父さん
そこで、管理人の私が、WiMAX各社の条件を調べて次の2社に絞りました。
他にもWiMAXの事業者はありますが、この2社と比べて特に有利な条件があるわけでもないので、この2社のどちらかから、あなたの条件に合う業者を選べば良いでしょう。
料金の比較(平成29年10月28日調べ)
GMOとくとくBB 3WiMAX
契約時事務手数料 3,000 3,000
1か月目 2,590 3,495
2か月目  2,590 3,495
3か月目  3,344 3,495
4〜24か月目  3,344 4,150
合計  81,748  100,635
キャッシュバック 0 33,000
実質2年負担金額 81,748 67,635

こうして比較すると、月額料金が安いのはGMOとくとくBBで、キャッシュバック後の2年間の負担額が最も安くなるのは3WiMAXです。

月額基本料で選べばGMOとくとくBB

月額料金が最も安いのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBにはキャッシュバックはありのプランもあるようですが、キャッシュバックなしのプランだと月額は最安値となります。

後で説明しますが、キャッシュバックがある事業者と契約してもキャッシュバックは自動的にもらえるものではなく、忘れないように手続きをしないともらえません。
「キャッシュバックの手続きを忘れてしまうかもしれないから、とにかく月額の料金が安いのがいい。」という方には、GMOとくとくBBが良いかもしれません。

月額最安値の業者→ GMOとくとくBB

キャッシュバック後に最安値となるのは3WiMAX

WiMAXの業者はキャッシュバックをしているところが多く、その金額も業者によりまちまちです。

受験生のお母さん
結局どこが一番やすくなるのかしら?
大学生のお父さん
調べた限りでは、キャッシュバック後の2年間の支払合計が最も安くなるのは3WiMAXです。

ただし、3WiMAXのキャッシュバックの手続きは契約して13か月後に届くメールを見てキャッシュバック手続きをします。
そして、一定の期間内に手続きをしないとキャッシュバックしてもらえません。

つまり、キャッシュバックしてもらうには、約1年後に届くメールを見落とさないことが条件になります。

キャッシュバック後のトータルの金額で決めるなら→ 3WiMAX(スリーワイマックス)

万一繋がらないときキャンセルできるGMOとくとくBB

モバイルwifiのデメリットのところでも説明しましたが、電波が圏外になってしまうと使えません。

そのためにWiMAXでは契約時に住所から「ピンポイントエリア判定」で電波の圏内かどうかを調べることができるようになっています。

しかし、滅多にないことだとは思いますが、周囲の地形や建物の形状によっては、ピンポイントエリア判定で「○」になっていても、電波が繋がらないというリスクがあります。

契約後に繋がらなかったとしても、WiMAXは2年契約なので、すぐに解約すると違約金を払わなければなりません。
なんか釈然としませんよね。

ところが、GMOとくとくBBでは、ピンポイントエリア判定で「○」なのに繋がらない場合、違約金の負担なしで解約することができます。
どうしても繋がるかどうか不安がある場合は、GMOとくとくBBがおすすめです。

万一電波が繋がらないかもと不安なときは→ GMOとくとくBB

まとめ

このように、一人暮らしの大学生にオススメのインターネット回線は、WiMAXです。

WiMAXの事業者はいくつかありますが、個人的には月額料金が最安値で、万一電波状態が悪く繋がらなかったら20日以内なら解約できるGMOとくとくBBがおすすめです。

WiMAXまとめ

万一繋がらないときキャンセルできて月額最安値→ GMOとくとくBB

大学受験

スケジュール

大学受験のスケジュール

私たち親世代が受験した頃と比べると受験方式も変わっているため、年が明けたらセンター試験があって、2月に入ると私立大学の入試、それから国立大学の入試と続き・・・と何となくイメージはできても、詳しいことま ...

マークシート

国立大学受験の仕組み

国立大学の受験は、私たち親世代が受験した頃は、共通一次試験を受けて、その後国立大学の二次試験を受験していました。国立大学の受験は、原則1校だけでした。 それが共通一次試験はセンター試験になり、二次試験 ...

試験

私立大学受験の仕組み

子どもが大学受験する年齢になり私立大学の受験を調べていると、 「なにこれ???」 今の私立大学受験の仕組みをここで説明します。 私立大学は同じ学部を何回も受験できる 私たち親世代が大学受験をしたのは、 ...

お金のこと

お金の計算

大学受験の受験料

子どもが高校3年生になり大学受験を意識し始めると、親としては子どもの志望校合格もそうですが、お金のことも気になり始めます。 「入学金や授業料、全部でいくらかかるんだろう?」 最初のうちは、大学の入学金 ...

大学の学費/国立大学と私立大学

子どもが大学を受験する年頃になると、まず最初に気になるのが大学の学費(授業料)かもしれませんね。 この大学の学費は、私たち親世代のころと比べると、かなり高くなっています。 親としては大変ですが、受験前 ...

計算

国立大学の授業料免除制度の所得基準

国立大学の授業料 国立大学の授業料は、今は年間53万5800円です。 私が大学生の頃は私立大学文系の授業料でも、今の国立大学の授業料より安かったような気がします。 文部科学省のサイトに国立大学と私立大 ...

一人暮らし

アパートの部屋

大学入学後の部屋探しを始める時期

大学合格後に一人暮らしで住む部屋探しは、いつから始めればいいの? 子どもが自宅から通えない遠方の大学を志望すると、進学後に住む部屋のことも気になります。 合格発表後でも大学生協や大学近くの不動産屋さん ...

出費が痛い

一人暮らしを始めるのにかかる初期費用

本人にとっては夢にまで見た大学生活で一人暮らしですが、一人暮らしを始めるための費用を用意しなければいけない親にとっては結構な負担となります。 受験料、入学金とまとまったお金が動いた後に続くのは、一人暮 ...

生活用品

大学生が一人暮らしに必要なものリスト

大学に合格し住むところが決まると、次は生活に必要なものを揃えないといけません。 生活に必要なものを全部を一度に揃えようとしても、買い忘れるものもが出てくるかもしれませんね。 ですが、一度に全て完璧に揃 ...

-一人暮らし

Copyright© 大学生の一人暮らしスタートNAVI , 2018 All Rights Reserved.